株式会社テックサプライ

SDGs達成にむけた取り組み


SDGs達成にむけた取り組み

SDGsへの取組みは、持続可能な、豊かで平和な共生社会を実現するために大切な世界のビジネス指標です。世界及び日本の経済の潮流として、資源を生産、消費し廃棄する一方通行の使い捨て経済から、生産したものをリサイクル、リユースなど再資源化し、何度でも再利用する循環型経済(サーキュラーエコノミー)へ急速に移行しています。
それは「脱炭素」に向けての大切な取組みでもあります。

「あらゆるものを循環させる」日本環境設計(株)様のケミカルリサイクル技術「BRING?」は、“使用済みの洋服から新しい洋服ができる”、“使用済みのペットボトルから新しいペットボトルができる”!!何万回もリサイクルでき、燃やさない、石油を使わない、CO2排出減約50%が達成できる(新品を石油から作る場合のCO2排出量との比較)世界で最も革新的なサ-キュラーエコノミー実現のための技術です。
使用済みのペットボトルを新しいペットボトルにするケミカルリサイクルの工場(ペットリファインテクノロジー社:日本環境設計の100%子会社)は、2021年6月に稼働しました。
世界で初めてのペットボトルのケミカルリサイクル実用の工場です。

弊社は2021年1月より、日本環境設計(株)様が発起人となる、ペットボトル国内完全循環をめざした「BRING BOTTLE コンソーシアム」の北海道事務局となりました。


めざすは「北海道を持続可能な循環型社会に」を目標に、北海道にBRING?(ケミカルリサイクル)の工場誘致をすること。
その準備をしながら、先ずは北海道の使用済みペットボトルを現在稼働している川崎の工場に送るため、行政や企業、民間に働きかけています。使用済みペットボトルが、新しく作るペットボトルの原料となるからです。
現在、日本では回収率の高いペットボトルの半分は海外に。

「ビルを守り、人を守り、地球を守る」の想いを大切に、ビルメンテナンス業、警備業を主軸に、環境事業部を2019年よりスタート。
資源を国内で循環させることにより、“地球環境と子どもたちの幸せな未来のために”さまざまな活動をしています。
◆取組事例◆環境にやさしい循環型除菌洗浄剤「ジョキンメイト」
「ジョキンメイト」は酸素の力で汚れを洗浄物より分離させ、包み込むことで再付着を防ぐ剥離型洗浄剤。洗浄と同時に除菌ができるのが特長です。

天然成分を主成分としており、使用済みのジョキンメイト洗浄液を排水管に流す事により、二次効果として排水管内のヘドロ等も剥離して清掃され、悪臭も除去されます。

業務用洗剤ですが、多くのみなさまからのご要望に応えて一般販売もしています。


この動画は、ちょっとレトロな感じがするかと思います。
それもそのはず、10年以上も前に弊社で制作した動画なのです。
SDGsが提唱される前から、環境に優しい洗剤としてテックサプライで使用しています。

下記にて「ジョキンメイト」について詳しくご紹介しています。

◆取組事例◆循環型素材のユニフォーム
◆取組事例◆シュレッダーごみを消毒用アルコールに
◆取組事例◆BBC(ブリング ボトル コンソーシアム)北海道事務局
◆取組事例◆「プラスチック・スマート」に参加
北海道でも大きな課題である海洋プラスチックに関して、環境省で掲げる「プラスチック・スマート」に参加しています。